NEWS ニュース

開催概要発表 ~日本中を ”沸かす” U18世代の全国男女各8チームによる 「トップリーグ」 が8月に開幕!~

2022年6月20日

 当協会 (JBA) は、本年8月から開催予定の 「U18 日清食品リーグ バスケットボール競技大会 2022」の概要を以下の通り、発表いたします。
 昨年度より、日清食品株式会社(以下、日清食品)と共にU18世代の育成・強化の充実を目的に「U18日清食品関東ブロックリーグ」を実施し、リーグ戦文化で生まれる日常の質的・量的変化により競技力の向上を目指してきました。2年目となる今年度は「U18日清食品トップリーグ」を新設、「U18日清食品ブロックリーグ」 の参加ブロックを、関東、東海、中国、四国の4つに増設いたします。

 JBAは、一貫した方針・体制のもと、競技会の再設計を含めた競技環境の整備と競技者の育成に関する事業を推進しております。その中で、競技者のプレー環境を整備し、一定の試合数を確保するため、U18/U15/U12各カテゴリーにおける都道府県リーグ戦の実施に向けて取り組んでおります。リーグ戦文化の導入により、実力が拮抗するチーム同士の対戦、予定された試合日程/対戦相手、確保された試合数、負けた場合でも次の機会があることなど、プレー環境の整備と一定の試合数の確保が可能になります。これにより、競技に取り組む習慣を変えることや、試合に臨む質の高い準備を反復できる仕組みを構築します。
 また、当協会が目指す「リーグ戦文化の定着」にご賛同いただいた公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団(以下、安藤財団)および日清食品に、世界を沸かすバスケットボール選手の育成と、U18世代のバスケットボール界を盛り上げていくために、本大会を共に新設することに加えて、後援および特別協賛として本大会をご支援いただくこととなりましたので、併せてお知らせいたします。

■U18日清食品トップリーグ2022 大会概要

【大会呼称】
U18日清食品トップリーグ2022
【大会名】
U18 日清食品トップリーグ バスケットボール競技大会 2022
【開催期間】
2022年 8 月 ~11 月
【会場】
国立代々木競技場 第二体育館 他 (調整中)
※最終節の11月26日・27日は、男女ともに国立代々木競技場 第二体育館にて開催予定
【参加チーム】
U18日清食品トップリーグ審査委員会から推薦された男女各8チーム
男子
・仙台大学附属明成高等学校(宮城県)
・前橋育英高等学校(群馬県)
・正智深谷高等学校(埼玉県)
・帝京長岡高等学校(新潟県)
・東海大学附属諏訪高等学校(長野県)
・中部大学第一高等学校(愛知県)
・福岡第一高等学校(福岡県)
・福岡大学附属大濠高等学校(福岡県)
女子
・昭和学院高等学校(千葉県)
・東京成徳大学高等学校(東京都)
・明星学園高等学校(東京都)
・岐阜女子高等学校(岐阜県)
・安城学園高等学校(愛知県)
・桜花学園高等学校(愛知県)
・京都精華学園高等学校(京都府)
・大阪薫英女学院高等学校(大阪府)
○参加チーム選出基準
1)「令和3年度インターハイ」と「SoftBank ウインターカップ2021」の試合結果(順位)をもとにポイントを付けて推薦順位を決定
※1位…5点、2位…4点、ベスト4…3点、ベスト8…2点、ベスト16…1点
2)1)で同点のチームが出た場合は、そのチームのみを対象に「SoftBank ウインターカップ2020」の試合結果(順位)をもとにポイントを付けて推薦順位を決定上記要件はU18トップリーグ審査委員会で定め、JBA理事会にて決議。
【大会方式】
男女各8チーム参加による1回戦総当たりのリーグ戦 (男女各28試合)
【主催】
公益財団法人日本バスケットボール協会
【主管】
公益財団法人日本バスケットボール協会
【特別協賛】
日清食品株式会社
【後援】
公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
【協力】
各開催都道府県バスケットボール協会

■U18日清食品ブロックリーグ2022 大会概要

【大会呼称】
U18日清食品ブロックリーグ2022
※各ブロックリーグ:今年度開催されるブロックリーグは以下の4大会
U18日清食品 関東ブロックリーグ2022
U18日清食品 東海ブロックリーグ2022
U18日清食品 中国ブロックリーグ2022
U18日清食品 四国ブロックリーグ2022
【大会名】
U18 日清食品ブロックリーグ バスケットボール競技大会 2022
※各ブロックリーグ:今年度開催されるブロックリーグは以下の4大会
U18 日清食品 関東ブロックリーグ バスケットボール競技大会 2022
U18 日清食品 東海ブロックリーグ バスケットボール競技大会 2022
U18 日清食品 中国ブロックリーグ バスケットボール競技大会 2022
U18 日清食品 四国ブロックリーグ バスケットボール競技大会 2022
【開催期間】
2022 年 8月 ~12 月
【会場】
各大会決定次第、大会公式WEBにて掲載
【参加チーム】
関東ブロック 各都県男女各1チーム
東海ブロック 各県男女各2チーム
中国ブロック 各県男女各1チーム
四国ブロック 各県男女各2チーム
※参加チームは決定次第、大会公式WEBサイトに掲載予定
○参加チーム選出基準
各都道府県バスケットボール協会から推薦された男女の各チーム
※今年度大会はブロック大会毎にインターハイ予選の結果に基いた出場権を有するチーム数を定め、B.LEAGUEクラブのU18チーム及びクラブチームを有する都道府県については別途都道府県協会の推薦により決定する。
※トップリーグに参加するチームが所属する都道府県については、トップリーグに参加するチームを除いた原則インターハイ予選最上位チームより推薦する。
【大会方式】
男女各大会参加チームによる1回戦総当たりのリーグ戦
関東ブロック 男女各28試合
東海ブロック 男女各24試合 ※同県対戦は行わない
中国ブロック 男女各10試合
四国ブロック 男女各28試合
【主催】
公益財団法人日本バスケットボール協会
【共催】
各ブロックバスケットボール協会
各開催都道府県バスケットボール協会
【主管】
各ブロックバスケットボール協会
各開催都道府県バスケットボール協会
各大会参加チーム
【特別協賛】
日清食品株式会社
【後援】
公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
【大会公式WEB】

■U18日清食品リーグ 公式WEB

【コメント】

● 日本バスケットボール協会 会長 三屋裕子コメント
「国内バスケットボールのU18世代におけるスタンダードを変える 「リーグ戦文化の定着」 に向けて、「U18日清食品リーグ」 の開催実現にご尽力いただいた、学校関係者の皆様、ブロック協会や都道府県協会の皆様、そして多大なるご支援をいただく日清食品様、安藤財団様に心より感謝申し上げます。選手はもちろん、指導者、審判、TO、関わるバスケットボールファミリー全員が一丸となり、継続的に大会を重ねていくことが、世界を沸かす未来の日本バスケットボール界をつくるということを信じて、進化にチャレンジしてまいります。」
● トロント・ラプターズ 渡邊雄太選手コメント

「自分が高校生のときは、リーグ戦がなかったので、すごくうらやましいと思います。今の高校生たちには、この競技環境を当たり前と思わずに感謝して、高校集大成のウインターカップへの成長に生かしてもらいたいです。事前に決まっている対戦相手へのスカウティングなど、しっかり準備ができるリーグ戦を、高校生の頃から経験することは、将来プロになったときに生かすことができ、必ず日本の未来につながってくると思います。」
● デンソー アイリス 髙田真希選手コメント
「リーグ戦によって、試合数が増えることはすごく良いと思います。トーナメントの一発勝負とは違い、リーグ期間ベストな状態で戦えるコンディショニング調整や、戦略・戦術が求められるようになると想像します。私自身、高校生の時にこのような競技環境があったら、もっと楽しかったと思いますし、特に高校卒業後も、トップレベルでバスケを続けていくことを目指す選手にとっては、トップカテゴリのチームに近い競技環境を高校生の時に経験できることはとても有意義なことだと思います。」

【特別協賛社・後援ご紹介】

● 日清食品株式会社
日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、創業者・安藤百福が掲げた「食とスポーツは健康を支える両輪である」との理念のもと、さまざまなスポーツ活動を支援しています。現在は、アメリカのプロバスケットボールリーグで活躍する八村 塁選手とグローバルスポンサーシップ契約を結ぶなど、世界的に競技人口の多い「バスケットボール」を中心に、スポーツを通じて世界のチャレンジ精神を沸騰させるスポーツマーケティングを幅広く展開しています。
● 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団 (理事長 安藤 宏基) は、創設者 安藤 百福が掲げた「食とスポーツは健康を支える両輪である」の理念のもと、青少年の健全育成と食文化向上のための事業を行っています。本大会を後援いただき、選手の技術向上、交流を通じた育成、バスケットボールの普及をご支援いただきます。

NOW LOADING

TOP